司法試験は、合格すると、裁判官、検察官、弁護士になることができる日本最難関の資格試験の一つです。2006年にスタートした(新)司法試験の受験は、短答式(択一式を含む)と論文式による筆記の方法で行われます。短答式は、法曹となろうとする者に必要な専門的な法律知識および法的な推論の能力を持っているかどうかを判定するための試験で、公法系、民事系、刑事系の科目があります。論文は、専門的学識並びに法的な分析、構成および論述の能力を持っているかどうかを判定するために行われ、短答式試験後、3日間にわたって実施されます。試験は、公法系、民事系、刑事系の他、選択科目もあります。(新)司法試験は、法科大学院を修了するか、予備試験に合格すれば受験することができます。つまり、独学でも受験できるということですが、5年以内に3回という制限がある上、合格率は20%台という狭き門。独学での合格は、普通の人には無理と言ってもいいでしょう。対策としては、やはり、法科大学院で学ぶか、司法試験対策を謳っているスクールなどに通うことをお勧めします。スクールでは、通信講座などもあります。法科大学院やスクールに通えば、試験の最新情報を得ることもできるはずです。また、それぞれの試験の細かい対策や勉強方法のコツを学んだり、モチベーションを維持し続けることができますね。もちろん、スクールなどに通ったからといって、必ず合格するとは言えません。大事なことは日々の勉強を根気強く、コツコツすること。これが一番大事と言えるでしょうー